身障者協会では古賀市在住の障害をお持ちの方、ボランティアに興味のある方などの参加を広く募集しております。会費は年に1000円です。参加ご希望の方は下記の電話番号までお気軽にご連絡ください。 会長・山下実夫 携帯(090-9720-9951)

2020年05月21日

給付金

申請書が届いた。
銀行口座のコピーと本人確認できる物を添付しなければならないのでコンビニへコピー取りにいかなくては。

マイナンバーカードあるのでネットでやりたいが、カードリーダー持ってないし。混乱してるみたいなので紙の方がいいみたい。
posted by yamasita at 12:52| Comment(0) | 日記

2020年05月15日

自分史

昭和62年12月、福岡県八女郡広川町から福岡県糟屋郡古賀町へ転入届を出した。

当初は同棲のつもりでいたが、彼女の勤務先であるリハビリセンターから、入籍しないと職員宿舎での同居は認められないと言われた。そういう事ならと、彼女の両親の同意を得ることにした。二人とも36歳になっていたので親の許可など必要ないと思っていた。

しかし、この体ではいつなんどき、人様のお世話にならないとも限らない。なので挨拶だけはしておこうと思案した。反対されるのは目に見えている。嫁取の挨拶に行くのにジャージーでは不味かろうと。リハビリセンターの生活指導の職員から背広を借りた。借り物の背広をきて短下肢装具を付けると福岡市の彼女の実家を訪ねた。

案の定両親から反対された。母親がこう言う「娘は真面目な性格で恋愛に免疫がありません。貴殿にうまく騙され利用されている」そばで聞いていた父親も大いに頷いた。

まあ、脳卒中で半身不随になった男の所へ娘を嫁に出すなど途方もないことに賛成する親などいないだろう。自分が逆の立場なら舌打ちをして追い返すところだ。重度の障害者との婚姻など重い石を背負いながら人生を歩いていくようなものだから。

しかし、恋愛とは妙なもので、周囲が反対すればするほど当人たちは燃え上がる。親の反対がかえって火に油を注いだ。彼女は勘当されてもいいと言い出し、父親と口を利かなくなった。まあ、しょうがないかとその夜は布団をかぶった。1週間が過ぎた頃、再度のお願いにいった。生活が苦しくなっても援助はしないという条件で了解を得た。

ヤレヤレという思いで、信州軽井沢の森の教会で5万円で挙式した。式の費用5万円の他に貸衣装代宿泊費合わせて15万円ほどになった。

karuizawa.jpg
自分史「せからしか」のあらすじ
posted by yamasita at 19:48| Comment(0) | 日記

2020年05月08日

自粛生活。

ルミエールへ。



夕飯



リハビリ

posted by yamasita at 09:56| Comment(0) | 日記

2020年05月06日

江頭さんと遭遇

団地の周囲を歩いていると、時々身障者協会の江頭さんとたまに出くわす。
こんな感じ。


去年の5月にあった福岡県障害者スポーツ大会での動画。義手で上手にスマホを操作するので驚いた。

posted by yamasita at 08:39| Comment(0) | リハビリ

2020年05月03日

スティーホーム

コロナ騒動の影響で外に出るのも買い物と人気のない場所でのリハビリ歩行訓練。
野鳥がいるので撮ろうとしたら逃げられた。




<買い物>



<夕飯1>予算は1日千円以内。



<夕飯2>


posted by yamasita at 07:11| Comment(0) | 日記

2020年04月22日

パスワード

いつものようにパソコン立ち上げると、マイクロソフトのサービスの画面が出て、パソコンの初期画面が出ない。
画面の指示に従うと今度はパスワードが違うと言う。そんなバカな一番最初にパスワードで入れたじゃないか。

パスワードを忘れた場合は。の指示に従う。セキュリティコードを送るので入力せよ。馬鹿野郎。パソコンに入れないのにどうやってコード見るんだよ。

ああでもないこうでもない。スマホで調べても要領をえない回答ばかり。電源長押しして強制終了させた。一からやりなおす。2回目のパスワード入力で古いパスワードを入れるとドーナツみたいなのがグルグル回り始めた。お、やったぞ。

出た画面はマイクロスフトのオフィースを購入するか。なんだよ。そういうことかよ。テレワークが流行りなので、ストアーで買えというのか。買わないを選択すると、ありがとうございます。のメッセージが出て例のドーナツがグルグル回って、やっと初期画面が出てヤレヤレ。

古いパスワード思い出してよかったわ。パスワードが2個あるのはややこしくてかなわん。
(Microsoftアカウント? ローカルアカウント?)
posted by yamasita at 07:40| Comment(0) | 日記

2020年04月12日

リハビリ

足を上げて歩く訓練。
posted by yamasita at 18:27| Comment(0) | 日記

2020年04月10日

コロナ騒動

銀河系には1000憶もの惑星があるそうだ。その中には人類をはるかに凌駕した高度な文明を持つ生命体があり、地球を宇宙の原始時代の保護区として監視しているという人がいる。

我々がアフリカでゴリラや象の保護区を持ち、観察し保護するように。物まねタレントが弱った雀を保護したが東京都から野生動物に人間が手を貸してはいけないと叱られた。生きるも死ぬも自然の摂理にまかせよと。

宇宙人たちは今回のコロナ騒動を、人類がどう乗り越えるかじっと観察しているのかもしれない。増えすぎた人類がほどほどの所で淘汰されたと感じたら高度な文明で助けてくれるのだろうか。絶滅危惧種に指定されていたら選ばれた人だけを救出するのだろうか。そんな映画をいつか見た事がある。
posted by yamasita at 07:27| Comment(0) | 日記

2020年04月09日

新型コロナ

項の情報
日赤医療センタードクターからの新型コロナに関する情報


この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。
私の病院のコロナ病床は満床になりました。
重症者もいます。
現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。

正直、報道よりも一般のみなさんが思っているよりも、現実は非常に厳しいです。
近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる事態になりそうだと感じています。
今まで、どんな人でも少しでも生きたいという思いがあるのなら、全力で命を助ける医療をやってきました。
でも、このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならなくなります。本当に悲しい。

だから、外出を控えてください、人と会わないでください!
感染を食い止める方法はこれしかありません!
生きていくための最低限の外出だけにしてください!
このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください!
時間がもうありません。
よろしくお願いします。

他追加で…知人から

Covid 19ワクチンの為、UH施設で働いている同僚の友人から...
ウィーンのCOVID-19を研究している研究所の情報によると、亡くなった人の大多数は
自分の持っている解熱剤イブプロフェン系のアドビルなどを服用しました。
回復した人はイブプロフェン系の薬を服用しませんでした。
イブプロフェンと言われても分かりにくいと思うのですが、「バファリン」「ロキソニン」に代表される、鎮痛効果のある風邪薬のことです。

症状がある場合、アセトアミノフェンのみを服用してください!!


このウイルスはイブプロフェンで繁栄させてしまいます。
なので、イブプロフェンは服用しないでください。
この情報をご家族の全員に伝えてください。
誰かを失いたくないので、


できるだけ共有しましょう。

またはコピーして貼り付けてください!

私はVGH(バンクーバーで看護師である私の友人と話しました。彼らはアドビルが肺にウイルスを10倍悪化させることを知りました。
また、40代と50代前の健康で換気装置を使用していた人が、アドビルを服用したために呼吸が困難になった人々を発見したとも述べています。
タイレノールは当面の間の服用には適しています。

VGHの4人の医師が現在感染しており、これまで、医師たちは、このような恐怖を感じた事がないと語っています。
posted by yamasita at 14:56| Comment(0) | 日記

2020年04月08日

住民税非課税とは

以前、消費税が5%から8%に上げられたとき、臨時福祉給付金が給付された。3000円と15000円の2回が給付され、受給条件は住民税が非課税の家庭とあった。障害年金受給者だから当然非課税なので対象者だと思っていたが、3000円の支給はなかった。住民税を払っている同居人がいる場合ははじかれると思っていたが、同居人がいる人でも受給できた人もいた。
同居人がいて、もらえる人とそうでない人の違いはなんだろう。扶養になっているかによって違いがあるみたいだった。僕は妻の扶養になっている。

しかし、2回目の給付では15000円の臨時福祉給付金がもらえた。この違いはなんなのか良く分からない。税制は複雑で難解だ。住民税非課税とは
posted by yamasita at 18:52| Comment(0) | 日記

2020年04月06日

新型コロナウイルスの影響で、すべての行事がキャンセルに。

今度のコロナウイルスの騒動で、これまで予定されていた行事のすべてがキャンセルになった。
4月18日 身障者協会総会
5月の福岡県身体障碍者スポーツ大会
4月30日までクロスパル古賀の休館。
posted by yamasita at 20:02| Comment(0) | 日記

障害年金は2種類ある

障害年金には有期認定と永久認定があります。永久認定には更新がありません。有期認定には3〜4年に一度診断書の再提出が求められます。

有期認定は、病名や病歴・病状等を元に1〜5年の範囲で決定します。一定期間ごとに障害状態確認届を日本年金機構に提出し更新(再認定)が行われます。

一般的に精神疾患は1〜2年(最近は1年もよく見かけます)、肢体疾患はそれよりも長めの期間になることが多いようです。また、その後障害の程度に変更がありそうかどうかで認定期間は変わります。

通常有期認定(更新あり)がほとんどですが、有期認定の更新手続きは更新月の約3ヶ月前に、日本年金機構から障害状態確認届(更新用の診断書)が送られてきます。

障害年金の更新は書面上のみで審査されるので、診断書の内容によっては病状に変わりがなかったり、悪化しているにもかかわらず障害年金の更新時、減額になったり支給停止になったりすることも多くあるのです。

軽く考えて支給停止になると、そのあとの審査請求はかなり困難となります。審査請求自体認められることがかなり少ないですから。

ちなみに、提出期限に遅れると、障害年金が一時差し止めになりますが、慌てないように!

その後、認定されれば差し止めになったところから、年金の支給は再開しますのでとにかくあせらないことです。

自分の病状を正確に捉えて、キチンと伝え、医師に理解してもらう。更新(再認定)のとき、これが一番大事になります。

これまでは誕生日の1ケ月前に現況届が送られてきましたが、2019年7月に法改正があり今まで提出期限1カ月以内 → 提出期限3カ月以内になりました。



障害年金の再提出で注意したい事

昔は1ケ月以内に現況届を出さねばならなかったので、書いてくれる医者を探すのが大変でした。病院を退院すると医者を新たに探さねばなりませんから。病院は通院や入院患者優先で、退院してしまえばなかなか診断書を書きたがりません。



片麻痺における障害年金認定の基準となるものは、いったい何なのか。同じような状態でも2級であったり3級だったりどっちとも言えるような人もいる。

麻痺の状態を調べるための体の部位の計測というものがある。たとえば関節の可動域とか握力計測や足首がどれぐらい動くとか、足関節の状態とか、POやOTと呼ばれる専門の人たちが計測する。しかし、この計測もだいたいこんな感じというぐらいだ。各部位の角度を測るにしてもぶんどうぎにを適当にあてるだけで、割と大雑把である。自動車工場の検査とは大違いだ。

麻痺側と健側の太腿の測定というのがある。麻痺側が小さく健側が大きいのが普通だ。しかし、測り方次では左右どちらも同じということもある。太腿は柔らかいのでメジャーを強く巻くのと軽く巻くのでは数値が違ってくる。麻痺側が小さく良い方が大きいのが普通だから、左右の太ももが同じか数値の差が少ないと麻痺が軽いということになる。しかし、たとえ麻痺足の太ももの筋肉が落ちていなくても知覚神経が正常でなければ歩行に支障がある。なので、脳卒中の専門医であればこの点を考慮し麻痺側を小さく訂正して書いてくれる。

「握力測定」

握力測定でも麻痺側でも握ることはできるので、思いっきり握ると5キロとか10キロだったりする。でも、握ったままで放すことができません。これでは手は使えません。しかし、年金機構の医師は握力があるのと全くないのとでは等級判断に影響が出ると思う。患者は思いっきり握れと言われて、ウンウンうなりながら頑張るので、廃用手でもいくらかの数値はでる。でも、医者から廃用手と言われたなら、握れませんというのが正解。生真面目なセラピストほど力一杯握れと言う。そもそも廃用手を宣告したならすべてゼロと書けばいいわけだが、そうもいかないようだ。

計測は医師が自分でする場合もあるが、忙しいのでPTやOTが計測する。彼らは診断書には鉛筆で書く。後で医者が訂正できるように鉛筆で書くのだ。この計測の数値と本人の状態を見て、医者がボールペンで書き込んで正式の診断書になる。POやOTの著名押印では年金機構が受け付けない。診断書が書けるのは医師なのだ。リハビリだって医師の指示書がないとできない。針灸マッサージだって保険を使うには医師の同意書が必要である。
医師の意見書がものをいう
身体的な測定も大事だが、総合的な医師の判断が物を言う。診断書を書くのは面倒い。後で年金機構から問い合わせがあったりするので。書くのを嫌がる医師もいる。

「現症時の日常生活動力または労働能力」

ここに労働能力は無しと書かれるか、作業は可と書かれるかで判断に差がでる。障害年金の判定に要する時間は3分程度だという。検査の数値をイチイチ吟味している暇はない。判定医は東京に300名ぐらいて日本年金機構と契約しているのだ。

昔は各都道府県でやっていた。しかし、地域により判定の差が最大6倍もあり、問題となったので今は東京で一括判定するようになった。

その為に判定医の数が増やされた。新規の判定医が4/1ほどいて彼らは慣れないから、医者の意見書を見て判断するしかない。本人と面接するわけではないので検査の数値よりも意見書に頼らざるを得ない。検査の数値では測れない不自由さもあるので、生活上の不自由さを事細かく医者に説明しておかねばならない。

麻痺手でもがんばれば握力は7キロあった。しかしただ握るだけで手は開けない。緊張だけ強くて使い物にならない。脳卒中に詳しい医者なら数値をゼロと書いてくれる。なぜなら廃用手と診断されているからである。おまけに一生治らないという医学の常識もある。世間知らずのセラピストは力一杯握れという。真面目な患者はウンウンうなりながら握りこむのでそこそこの数値は出る。

これを真に受けた慣れない医者は握力7キロと記入する。それを見た判定医は握力が7キロもあるなら、ちょっとは使えるから3級の判定を下すかもしれない。ゼロと書かれた人は1級か2級となる。年金の判定には非常なバラつきがある。ほぼ健常者なみの人が2級の障害年金受給したり。どうみても2級の人が3級の判定だったりする。

それと公立病院系統や大学病院の医者が判定したものにはよほどのことがない限り、却下されることはない。医者同士のパワーバランスがある。大学病院の医師が2級だと判断したものを町医者が3級だとは言えないのは世間のしがらみと同様である。俺の判断にケチをつけたと恨みを買い医師会を通じていじめられるのはテレビドラマの白い巨塔の通りである。

最後に
医者の診断書というのは司直の手をさえ払いのけるほどの効力がある。イタイケナ障害者にとっては医師というのは神様といえる。介護保険、福祉の恩恵を受けるには医師の診断書を求められる。いかに医師との信頼関係を築いていくかに苦慮する。医者の信頼を勝ち取るためには、受付やナースセンターのスタッフの受けも良くしておいた方が良い。それと診断書のコピーはとっておくと次回の現況届を出すときに楽です。診断書の再提出は5回で終わった。3年×5回=15年で永久認定になったということになる。これは人により違いがあるのだろう。




posted by yamasita at 19:57| Comment(0) | 日記

2020年03月17日

電子ブックを出した。

今月はkindleで電子ブックを10本出した。さすがにネタ切れ。
その中の1冊がこれ。障害者が生きていく為のサバイバル術
posted by yamasita at 20:11| Comment(0) | 日記

2020年03月01日

新型コロナの影響で劇的な変化…

新型コロナウイルス騒動の影響で見えてきたものがある。
今後は戦争の形態が劇的に変わる。高額な費用がかかる戦闘機や中途半端な空母、核兵器など無用の長物となる。ウイルスを征する者が世界を征す。F35と空母改装をキャンセルし、今回の新型コロナ関連の予算に回してほしい。莫大な軍事費よりも疫学関連の事業や混乱時の対策費の方が安上がりだ。核戦争になれば地球が滅びるのは明白である。もう戦闘機や空母の出番はない。自然発生やテロリストがウイルスを拡散するのを防止する。そういう方面の研究費にあてないと大変なコトになる。

経済は地球規模で回る。戦争をしかければ自国にも影響が出るので、全面戦争などできない。先のイランとアメリカの揉め事を見れば明らかである。犬猿の仲のイランとアメリカですら振り上げた拳の下ろしどころに頭を抱えた。あろうことかイランは自国から離陸した旅客機を自慢のミサイルで撃ち落としてしまった。迎撃担当者がアメリカのミサイルと誤認したためだと言う。加えてイランの疫学担当の大臣が新型コロナに感染していながら記者会見を開いたとの報道もある。

今回の騒動はもはや見えない敵との全面戦争に突入したと言わざるを得ない。昨夜の安倍総理の会見は戦時下における戒厳令に等しいと思う。それぐらい国民の行動を制限しなければ新型コロナウイルスが日本中はおろか世界中に蔓延し、経済に壊滅的な打撃を与えるだろうと思う。

体力のない中小企業や個人からバタバタと倒れ、世界の大恐慌の到来が来るかもしれない。一方でこういう不安を利用して株価を操作し。巨万の富を維持しようとするヘッジファンドと呼ばれる大富豪たちが睥睨している。




posted by yamasita at 09:54| Comment(0) | 日記

2020年02月26日

福岡県身体障碍者スポーツ大会のエントリーシートを

昨日(2020/02/25)上原さんと一緒にサンコスモの障害者福祉課を訪ねた。
216.png

5月に行われる予定の福岡県身体障碍者スポーツ大会のエントリーシートを出すためだ。
申請書類の様式がこれまでの物と変わっていて戸惑った。令和になって変更されたという。
書類の書き方がわからない場合はサンコスモの障害者福祉課を訪ねてほしいと担当者は語る。
ジャベリックスローに出る予定なので、そろそろ練習にかかりたいが、新型コロナの影響で中止も懸念される。
以前の練習の様子はここ参照





posted by yamasita at 09:12| Comment(0) | 日記

2020年02月25日

頑張ろう月間

去年は自分史を自費出版するので貯金していた120万円を全て吐き出した。多大な費用をかけてまで出版する必要があったのか。自費出版などありえないと思っていたのに、どうしてこうなったのか自分でも良く分からない。契約をしてから止めておけばよかったと後悔もした。なぜならば自分の裁量で自由になる金が100万円あると安心感があるからだ。その安心感を失ってまで出版に踏み切ったわけで、自分でもどうしてそういう気になったのか。漠然と自分史を書いてみたいという気持ちが根底にあったからなのだろうか。

出版社の方で、校正校閲、販売も全部やると言われたのが気持ちを動かした。プロの編集者や校正というものがどんなものか知りたい。そういう興味もあった。素人の書いた7万文字もの文章を最後まで読むというのは大変な作業だと思う。よほど興味を引く内容か引き込まれる文章の書き手でなければ読む気がしない。素人の文章を読んでもらうにはコンクールで入賞するか自費出版という形でこっちが金を出さなければ無理な事だ。

自費出版は経費倒れになるのが現実だ。まあこういう事をグダグダ言ってもしかたがない。今年から5年かけて120万円の穴埋めをしなければならない。今年も頑張ろう月間でしのぐ。

毎月2万円を貯金することにした。2万円×12か月」=24万円×5





posted by yamasita at 08:35| Comment(0) | 日記

2020年02月19日

陶芸教室訪問

この前上原さんが参加している陶芸教室を訪問した。
リーバスプラザ(中央公民館)の一階。
IMG_20200214_142513.jpg IMG_20200214_142520.jpg
posted by yamasita at 07:53| Comment(0) | 日記

作品講評

著者の壮絶な人生を辿る、見事な作品だ。波乱万丈な軌跡を、非常に軽快な筆致で綴って
いる。普通ではなかなか経験できないようなことをさらりと書いてのけるあたり、非常に余
裕を感じ著者の人となりが伝わるようだ。そのギャップが読み手を惹きつけるのだろう。
大学進学率が 50%を超える現代を生きる人々にとって、中学卒業後にすぐ就職するとい
う選択肢はほとんどないだろう。それをただ「珍しい」という言葉で終わらせることなく、
現代に通ずる考えや問題に繋げることによって、共感や納得を生んでいる。テーマの物珍し
さだけを売りにする数多くの作品にはない、読み手を巻き込むような面白さが光っている。

借金による金銭的な問題が解決して息つく暇もなく、病に体を蝕まれる著者。その姿があ
りのままに描かれ、その目まぐるしさはドラマを見ているかのようだ。しかし、読者がしっ
かりと物語についていくことが出来るのは、何よりも著者の文章力によるものだろう。比喩
表現や回りくどい表現が控えられているので、場面が映像として脳内で再現される。さら
に、「訛り」の独特な深みや重厚感が読み手の感情に訴えかけてくる。直接的な感情に対す
る描写がなくとも読者の想像力を刺激してくる。このような細かな機微は、そうそうできる
ものではない。
本作品の魅力をより際立たせるために、年齢ごとの文章量のバラつきをなくすことを提
案したい。短いエピソードは同時代の他のエピソードと繋げることで、構成面でも統一感が
出る。視覚的にも読者を魅了することができるはずだ。また本作品は、世代ごとに異なる印
象をもたらすだろう。著者と同世代の読者には共感や納得、若者には驚きや新しい視点を与
えるはずだ。
テーマもよくオリジナルの感性と実力もあるので、出版されれば確実に良い反響が得ら
れるはずだ。あらためて弊社編集担当者とともに推敲を重ねることで、さらに作品を磨き上
げていってほしい。
弊社新刊・電子書籍として市場流通し、多くの読者のもとに届くことを楽しみにしている。

電子書籍の配信が始まりました_幻冬舎ルネッサンス新社(2020/01/31)

<Kindle>(amazon)

<Kinoppy>(紀伊国屋書店)

<楽天Kobo>
posted by yamasita at 07:45| Comment(0) | 日記

2020年02月10日

せからしか

昭和25年。福岡県八女郡広川町当条という戸数200ほどの集落に生まれた。中学を出ると工員になる。どこも長続きせずテレンパレンな暮らしに明け暮れる。28歳で駆け落ちするも失敗。村に居づらくなって故郷を逐電。日雇い労務者から土工となる。34歳で仕事中に脳出血に倒れる。労災を申請するもケンモホロロに棄却される。会社の日報改ざんに納得がいかない。裁判所の調停に持ち込み…。過重労働が脳内出血の原因だとの想いが捨てきれず、治療費請求の申し立てを簡易裁判所に一人で行う。

会社側は上から目線の対応で、調停員の勧めで情にすがろうと請求額を下げることに。しかし、理不尽さに納得がいかない。寝ていてあることを思い出し、会社へ逆襲を始める……。

Amazonで絶賛配信中右矢印1 kindle


posted by yamasita at 19:25| Comment(0) | 日記